Skip to main content

Schema weather-early v1.0.0

XMLをJSON化したデータのスキーマ情報を提供しています。

対象とするXML電文#

共通ヘッダ#

共通ヘッダはこちら

本文#

body フィールド内の定義となります。

階層フィールド出現条件説明
1.noticeString|Null
お知らせを記載する
2.targetString
電文が対象とする地域を記載する 2. target
3.targetTimeObject
この電文が対象とする予報開始日時とその期間を記載する 3. targetTime
4.mainTextsArray<Object>
この電文が対象とする天候解析開始日時とその期間を記載する
常に要素は1つとする 4. mainText
5.earlyArray<Object>
早期警戒の内容、閾値・確率を記載する
対象とする気象要素毎に要素が出現する 5. early

2. target#

この電文が対象とする地域を記載します。

階層フィールド出現条件説明
2._1.codeString<Integer>
地域コード
2._2.nameString
地域名

3. targetTime#

この電文が対象とする予報開始日時とその期間を記載します。

階層フィールド出現条件説明
3._1.dateTimeObject
天候解析開始日時
3._1._1.valueISO8601Time
日時
3._1._2.validFormatString
日時が有効な範囲をフォーマットとして記載する
3._1._3.precisionString
時刻の正確さの幅がある程度あることを、ISO8601 の Time intervals 形式で表す
3._2.durationString
基準日時からの期間の長さを、 ISO8601 の Time intervals 形式で表す

4. mainText#

情報の本文となる天候の状況及び地域を記載します。

階層フィールド出現条件説明
4._1.textString
状況の解説をテキスト形式で記述する
4._2.zonesString<Object>
対象とする地域
4._2._1.codeString<Integer>
地域コード
4._2._2.nameString
地域名

5. early#

早期警戒の種類、閾値・確率を記載します。

対象とする気象要素毎に要素が出現します。

階層フィールド出現条件説明
5._1.typeString
量的予想の種類を記載する
取りうる値は、かなり高温かなり低温大雪
5._2.forecastsObject
特徴のある確率と閾値の内容を記載する
5._2._1.?probabilityAboveNormalかなり高温又は大雪
の時出現
Object
かなり高温又は大雪となり、閾値を超える確率を記載する
5._2._1._1.unitString
確立の単位 % で固定
5._2._1._2.valueString<Integer>
平年よりかなり高い・多い確立
5._2._1._3.boundString
以上 で固定
5._2._1.?thresholdAboveNormalかなり高温又は大雪
の時出現
Object
かなり高温又は大雪となる閾値を記載する
5._2._1._1.unitString
単位、かなり高温の場合は大雪の場合は%とする
5._2._1._2.valueString<Integer>
平年よりかなり高いとなる温度の閾値(℃)又は、平年より多いとなる閾値(%)
5._2._1._3.boundString
以上 で固定
5._2._1.?probabilityBelowNormalかなり低温
の時出現
Object
かなり低温となり、閾値を超える確率を記載する
5._2._1._1.unitString
確立の単位 % で固定
5._2._1._2.valueString<Integer>
平年よりかなり低い確立
5._2._1._3.boundString
以上 で固定
5._2._1.?thresholdBelowNormalかなり低温
の時出現
Object
かなり低温となる閾値を記載する
5._2._1._1.unitString
単位、かなり低温の場合はとする
5._2._1._2.valueString<Integer>
平年よりかなり低いとなる温度の閾値(℃)
5._2._1._3.boundString
以下 で固定
5._3.zonesString<Object>
対象とする地域
5._3._1.codeString<Integer>
地域コード
5._3._2.nameString
地域名

この電文で取り扱うコード類#

コードは、気象庁防災情報XMLフォーマット コード表 20130621_AreaForecast に記載があります。

サンプル#