Skip to main content

Schema earthquake-information v1.0.0

XMLをJSON化したデータのスキーマ情報を提供しています。

対象とするXML電文#

  • 震度速報 (VXSE51)
  • 震源に関する情報 (VXSE52)
  • 震源・震度に関する情報 (VXSE53)
  • 地震・津波に関するお知らせ (VZSE40)

本文#

body フィールド内の定義となります。

階層フィールド出現条件説明
1.?earthquakeVXSE52、VXSE53時に出現、
取消時には出現しない
Object
Earthquake component を参照
2.?intensityVXSE51、VXSE53時に出現、
震度データがない場合や取消時には出現しない
Object
震度情報 #2. intensity
3.?textVZSE40時・取消時の理由や、
その他の追記事項がある場合に出現
String
自由形式で文章を記載する
4.?comments取消時や付加的な情報がない場合は出現しないObject
付加的な情報を文章形式で提供する #4. comments

2. intensity#

VXSE51、VXSE53時に出現し、 震度データがない場合(遠地地震や、緊急地震速報(警報)を発表したが震度1以上を観測しなかったとき等)や取消時には出現しません。

震度の表現として、1, 2, 3, 4, 5-, 5+, 6-, 6+, 7, !5-を使用し、!5- は「震度5弱以上未入電」とします。

また、VXSE51(震度速報)では、3, 4, 5-, 5+, 6-, 6+, 7のみを使用します。

階層フィールド出現条件説明
2._1.maxIntString
最大震度、1, 2, 3, 4, 5-, 5+, 6-, 6+, 7 で記載する
2._2.prefecturesArray<Object>
都道府県内における最大震度 #2. 2. prefectures
2._3.regionArray<Object>
一次細分化地域内における最大震度 #2. 3. region
2._4.?citiesVXSE53時のみArray<Object>
市区町村における最大震度 #2. 4. city
2._5.?stationsVXSE53時のみArray<Object>
観測点における震度 #2. 5. stations

2. 2. prefectures#

階層フィールド出現条件説明
2._2._1.codeString<Integer>
都道府県コード
コードは、気象庁防災情報XMLフォーマット コード表 地震火山関連コード表 による
2._2._2.nameString
都道府県名
2._2._3.?maxInt入電した震度がない場合は出現しないString
その都道府県における最大震度、1, 2, 3, 4, 5-, 5+, 6-, 6+, 7 で記載する
2._2._4.?reviseVXSE53時で、続報で震度変化があれば出現String
その都道府県における最大震度が続報で変化した場合に記載する。
取りうる値は上方修正又は追加

2. 3. region#

階層フィールド出現条件説明
2._3._1.codeString<Integer>
一次細分化地域コード
コードは、気象庁防災情報XMLフォーマット コード表 地震火山関連コード表 による
2._3._2.nameString
一次細分化地域名
2._3._3.?maxInt入電した震度がない場合は出現しないString
その一次細分化地域における最大震度、1, 2, 3, 4, 5-, 5+, 6-, 6+, 7 で記載する
2._3._4.?reviseVXSE53時で、続報で震度変化があれば出現String
その一次細分化地域における最大震度が続報で変化した場合に記載する。
取りうる値は上方修正又は追加

2. 4. city#

VXSE51(震度速報)の時には出現しない。

階層フィールド出現条件説明
2._4._1.codeString<Integer>
市区町村コード
コードは、気象庁防災情報XMLフォーマット コード表 地震火山関連コード表 による
2._4._2.nameString
市区町村名
2._4._3.?maxInt入電した震度がない場合は出現しないString
その市区町村における最大震度、1, 2, 3, 4, 5-, 5+, 6-, 6+, 7 で記載する 
2._4._4.?revise続報で震度変化があれば出現String
その市区町村における最大震度が続報で変化した場合に記載する。
取りうる値は上方修正又は追加
2._4._5.?condition入電した震度がない場合に出現String
その市区町村内で震度5弱以上未入電の震度観測点があり、市区町村における確定震度がない場合、”震度5弱以上未入電”を記載する

2. 5. stations#

VXSE51(震度速報)の時には出現しない。

階層フィールド出現条件説明
2._5._1.codeString<Integer>
観測点コード
コードは、気象庁防災情報XMLフォーマット コード表 地震火山関連コード表 による
2._5._2.nameString
観測点名
2._5._3.intString
その観測点における最大震度、1, 2, 3, 4, 5-, 5+, 6-, 6+, 7, !5- で記載する
2._5._4.?revise続報で震度変化があれば出現String
その観測点における震度が続報で変化した場合に記載する
取りうる値は上方修正又は追加
2._5._5.?condition入電した震度がない場合に出現String
その観測点で震度5弱以上未入電の震度観測点がある場合、”震度5弱以上未入電”を記載する

4. comments#

取消時や付加的な情報がない場合は出現しません。

階層フィールド出現条件説明
4._1.?free情報によるObject
その他の付加的な情報を自由形式で記載する
4._3.?forecast情報によるObject
津波や緊急地震速報に関する情報を固定付加文の形式で記載する #4. 3. forecast
4._3.?var情報によるObject
その他の付加的な情報を固定付加文の形式で記載する #4. 3. var

4. 2. forecast#

階層フィールド出現条件説明
4._2._1.textString
固定付加文を記載する。複数ある場合は改行コード 0x0A を区切りに挿入する
4._2._2.codesArray<String<Integer>>
固定付加文をのコードを記載する
コードは、気象庁防災情報XMLフォーマット コード表 地震火山関連コード表 による

4. 3. var#

階層フィールド出現条件説明
4._3._1.textString
固定付加文を記載する。複数ある場合は改行コード 0x0A を区切りに挿入する
4._3._2.codesArray<String<Integer>>
固定付加文をのコードを記載する
コードは、気象庁防災情報XMLフォーマット コード表 地震火山関連コード表 による

取り扱い上の注意#

VXSE52(震源に関する情報)は、その海域において大津波警報・津波警報・津波注意報が発表中の時には発表されません。

サンプル#

2021/02/13 23:08 福島県沖#

2021/03/20 18:09 宮城県沖#

津波注意報発表あり

2021/07/22 06:15 中米/パナマ南方#

取消報#