メインコンテンツまでスキップ

推計震度分布図作図用データ

概要

最大震度5弱以上を観測した地震について、観測点のない地域についても250mメッシュの面的に推計する。

資料名
推計震度分布図作図用データ

配信形式
BUFR(二進形式汎用気象通報式)

データ種類コード
IXAC41

WebSocket圧縮形式
なし

配信形式

推計震度分布図は、GPVとなりデータ量があることからBUFR形式となりバイナリデータとなります。

情報

512KiB以上の電文について分割して配信されますので、終了節がない場合は適宜利用者で電文の結合の上ご利用ください。 分割報に付加する符号の表現については、RRA-RRZとし、分割第2報目から付与されます(1報目は付与なし)。

APIでは、head.designation の 指示コード の場所で表現します。

利用に際しての留意事項

注意

推計震度分布図で示す個々のメッシュの震度は、各メッシュの矩形内が同一震度であることを示すものではなく、またメッシュの境界線が震度の境界でもありません。

したがって、分布図を必要以上に拡大してメッシュの境界線を強調してもあまり意味がありません。また必要以上の縮尺に拡大することは適切ではありません。

図を活用する場合、大きな震度の面的な拡がり具合やその形状に着目していただくことが重要です。また、推計された震度の値は、場合によっては1階級程度異なることがあります。

※技術情報より

サンプルデータ

サンプルデータは、準備出来次第提供いたします。

配信される電文の解説資料

配信資料に関する仕様 No40102 - 推計震度分布図

配信資料に関する技術情報 第591号 - 250m メッシュの「推計震度分布図」の提供開始について