Skip to main content

GD Earthquake List

リクエスト#

GET https://api.dmdata.jp/v2/gd/earthquake

地震情報のリスト。

クエリパラメータ#

パラメータ名必須デフォルト説明
hypocenterいいえString
検索する震央地名コードの3桁の数字
maxIntいいえString
検索する最大震度の下限
dateいいえString
検索する地震波検知時刻の日付、時刻は無効
limitいいえ20Integer
返す情報数を指定する。最大は100

APIに必要な権限#

  • gd.earthquake

APIの情報#

このAPIでは、震度速報、震源に関する情報、震源・震度に関する情報、遠地地震に関する情報、顕著な地震の震源要素更新のお知らせの電文を統合して提供しています。

テスト電文はこのAPIでは扱いません。


レスポンス#

APIは常にJSONを返答します。

status: ok#

成功時に次のような内容を返答します。

{
"responseId": "3750ccf70651e928",
"responseTime": "2021-04-01T00:00:00.000Z",
"status": "ok",
"items": [
{
"id": 1584,
"eventId": "20210808085414",
"originTime": "2021-08-08T08:54:00+09:00",
"arrivalTime": "2021-08-08T08:54:00+09:00",
"hypocenter": {
"code": "787",
"name": "鹿児島湾",
"coordinate": {
"latitude": {
"text": "31.3˚N",
"value": "31.3000"
},
"longitude": {
"text": "130.6˚E",
"value": "130.6000"
},
"height": {
"type": "高さ",
"unit": "m",
"value": "0"
},
"geodeticSystem": "日本測地系"
},
"depth": {
"type": "深さ",
"unit": "km",
"value": "0",
"condition": "ごく浅い"
}
},
"magnitude": {
"type": "マグニチュード",
"unit": "Mj",
"value": "2.6"
},
"maxInt": "2"
}
],
"nextToken": "bmV4dCAgICAgICAgMTU2NA",
"nextPooling": "cG9sbGluZyAgICAgMTkzNQ",
"nextPoolingInterval": 2000
}
フィールド出現説明
responseIdいつもString
API処理ID
responseTimeいつもISO8601Time
API処理時刻
statusいつもString
成功時は "ok"、失敗時(エラー)は "error"
itemsいつもArray<Object>
アイテムリスト
items[].idいつもInteger
ID
items[].eventIdいつもString
地震情報のEventID
items[].originTime震度速報のみの場合は出現しないISO8601Time
地震発生時刻
items[].arrivalTimeいつもISO8601Time
地震検知時刻
items[].hypocenter震度速報のみの場合は出現しないObject
震源要素 Earthquake component / Hypocenterを参照
items[].magnitude震度速報のみの場合は出現しないObject
マグニチュード要素 Earthquake component / Magnitudeを参照
items[].maxIntいつもString|Null
最大震度、観測した震度がない場合はNullとする
nextToken場合によるString
次のリソースがある場合に出現。詳しくはこちら
nextPoolingいつもString
PuLL時に使用する。詳しくはこちら
nextPoolingIntervalいつもInteger
PuLL時、次にリクエストするまでの待機すべき最小時間(ミリ秒)

status: error#

APIは各種エラーを次の通り返答します。

{
"responseId": "66d23c0cede77d82",
"responseTime": "2021-04-01T00:00:00.000Z",
"status": "error",
"error": {
"message": "...",
"code": 400
}
}
フィールド出現説明
errorいつもObject
エラー情報。
error.messageいつもString
エラーメッセージ、標準エラーおよび別表参照。
error.codeいつもInteger
HTTPステータスコード。

標準エラーを出力します。